FC2ブログ

むーみん、にょろにょろのうみにただよう

松山 Ⅳ‐2 

遊具のあった広場から5分、目的のフライブルク城に到着した。

フライブルク城

残念な天気だったので、何だか冴えないな・・・。 ピンクの傘を持っているおいちゃんが気になる。

このフライブルク城は、松山市の姉妹都市、ドイツのフライブルク市にちなんで名づけられたらしい。
出来たときは、「何じゃありゃ!!」という印象だったのを覚えている。
城というがちょっと変わった形の展望台である。


松山市一望できます

ただ、眺望はとてもよい。
松山市を360度一望できる。
上の画像のほぼ中心にある山は、松山城のある勝山である。

27~28年前?

ちなみに、上の画像は27~28年前に撮ったと思われるもの。
大峰ヶ台の中腹いやもっと下?で撮ったのかな?これもアルバムから引っ張り出してきた。

見ると、今より畑や田んぼが多いのがわかる。
そういえば、田んぼには「カブトエビ」なる「カブトガニ」をすごく小さくしたような生き物がいて、
田んぼに水が入るようになるとよく観察しに行ったものだが今でもいるのだろうか。
ちなみに、静岡の田んぼでは一度も見かけたことがないし、人に聞いても知らないと言われた。



思い思いに過ごす人々

フライブルク城周辺で思い思いに過ごす人々。


こんなところに!


さすが、「俳句の街」松山。俳句ポストなるものを見つけた。



帰り道

時間に余裕のない旅。足早に来た道を下る。この坂道をよく幼馴染と上り下りしたものだ。


休憩所

ベンチ



入り口に戻ってきた。せっかくなので、もう少し写真を撮ろうと思ったら・・・

ん?

・・・ん?




ぬし? 


猫がいる!


来た時はいなかったのに。お見送りしてくれてたりして。むっつり顔だけど。

また来よう、と思った。



スポンサーサイト



trackback: -- | 本文: 2 | edit

コメント

色んな顔

huimei555さん、こんばんは^^

松山も色んな顔があるのですね。

僕の中では愛媛と云えば、福岡正信さんがスターでしょうか。
「藁一本の革命」、とか本を何冊か読み感動しました。随分
前のことですけど。自然農の美味しいみかんをつくる農家さん
が多いのですよね。一度、もぎたてのミカンを食べてみたいな。

滑り台を滑るhuimeiさん、可愛いですね。昔と今を見せる
ところにも、郷土への愛を感じます。松山の道後温泉だけは
生きているうちに出掛けたいところです。その折りにあちこち
見て回りたいですね。そして、俳句を詠めたらいいな・・・・。

姉妹都市はドイツの街。漱石絡みでしょうか?
huimeiさん、お元気で!

はなさかすーさん #dSgqtt7g | URL | 2012/04/10 00:40 * edit *

はなさかすーさん さま

いつもコメントありがとうございます(^^

福岡正信さん・・・失礼ながら存じ上げないのですが、今度図書館に行って検索してみようと思います。
愛媛と言えば「みかん」ですが、私の住んでいた付近ではあまりみかん畑がなく、身近ではありませんでしたが、給食でたまに「ポンジュース」が出たり、あと「オレンジピラフ」というみかんの汁で炊いたピラフなどが出ていました。
もぎたてのみかん、私も食べてみたいです(^^

昔の写真はアルバムから剥がしてスキャニングしてブログにアップしました。
家庭でこんなことが出来るようになんて、子供の頃には考えられないことでした。
時の流れを感じます。

道後温泉は是非一度行ってみて下さい。
本館は老朽化で建て替えの予定があるそうなので、お早めに(^^

松山とドイツのフライブルク市の姉妹都市提携は、昭和36年に市の産業振興を図る松山市が、戦後目覚しい復興を遂げた西ドイツの街へ青年の派遣を目指した時に、その青年を快く引き受けてくれたのがフライブルク市であったことが契機となったようです(松山市のHPより)。


すーさんさま
ブログを閉じられるということでとても寂しいですが、また交流できたらと思っております。
機会がありましたら、また当ブログを覗いて下さい(^^

心想事成! 



huimei555 #- | URL | 2012/04/10 18:14 * edit *

コメントの投稿

Secret