FC2ブログ

むーみん、にょろにょろのうみにただよう

松山 Ⅱ 

久々に道後温泉に浸かった。
5年前に来た時は入らなかったから、10年ぶりだ。
昔はとても熱く感じたお湯も、今日は何だかちょうど良い。

お風呂の中は朝7時台ということで入浴客はまだ少なく、とても快適だった。

地元の子だろうか。
数人でお風呂に入りに来ていた。
久々に聞く「伊予弁」。
懐かしい、心地よい響き。

でも思ってたより、訛りがある。
子どもの頃は標準語に近いと思っていたんだよなぁ。



坊っちゃんの間

道後温泉といえば、夏目漱石の「坊っちゃん」。
道後温泉の3階には「坊っちゃんの間」という部屋がある。
漱石をしのんで作られたものらしい。


則天去私

則天去私

夏目漱石の最晩年(大正5年)のことば。

「小さな私を去って自然にゆだねて生きること。」


晩年上のように悟った漱石は意外と結構波乱万丈な人生だった・・(詳しくはウィキペディアにGO!)
千円札に載っていた雰囲気からは想像がつかないが。


館内

この廊下をまっすぐ行って右奥の部屋が坊っちゃんの間。
道後はいたるところでお花が生けてある。風情があってとても良い。


雨やんだ~

外に出ると、雨は止んでいた。
晴女パワー発揮か?(笑)
とりあえず一安心。


椿と道後

椿は松山の市花。厳密に言えば「ヤブツバキ」だそうだ。
道後に椿は良く似合う。


からくり時計

にわかに観光客が増えてきた。

道後温泉駅前にあるカラクリ時計は時間になると坊っちゃんの登場人物が現れる。
そのカラクリ時計の隣には足湯がある。
松山を観光したあとの疲れた足を癒すにはちょうどいいかもしれない。



スポンサーサイト



trackback: -- | 本文: 2 | edit

コメント

自然体

huimei555さん、こんばんは^^

お写真、かなり自然体なのですね。肉眼に近いような・・。

一万円札の福沢諭吉は日本を欧米に売ったメイソン会員ですから
ふてぶてしさがありますけど、夏目漱石氏はいいですね。
則天去私・・・漱石の天=自然観はどうだったのか再考してみたく
なりました。huimeiさん、晴れ女なんですね。僕は晴れ男です^^

はなさかすーさん #dSgqtt7g | URL | 2012/03/07 20:28 * edit *

はなさかすーさん さま

こんばんは~(^^)

写真はちょいちょい修整入ってまして・・・。
今回の旅の写真は自分の中で残念で・・・アップするのに戸惑います(苦笑)
このカメラの特性を全く活かせていない。扱えていない・・・。
まぁ、練習にいいかと思って持って行ったので、わかっていたことですが(笑)
いつも以上にいろいろ大目に見て下さい。

則天去私・・・皆がそう在れたらどういう世界になるんでしょうか。
私はついつい我が出てしまうので、少しでも胸に留めておきたい言葉です(苦笑)

晴れ女・・・最近パワーが落ちているかもしれません(笑)
前はお出かけのときはだいたいお天気だったのですが、最近はなんとか曇りという感じで。
すーさんさまは晴れ男さんですか!
旅やイベントのお供にとても頼もしいですね♪

huimei555 #- | URL | 2012/03/07 21:55 * edit *

コメントの投稿

Secret